ソクラテスの年表とその生涯とは?生まれと没年はいつ?




この世に生まれた哲学者、ソクラテス。

今回は、ソクラテスの生涯を紹介したいと思います。

ソクラテスの生涯

ソクラテスは、父親はソプロニスコスと言う名を語り、工芸に携わる技師、石を扱う仕事をしており、彫刻や石細工を生業としていたとされています。
ソクラテスの母親は、パイナレテと言われており、現在の助産師に当たる仕事をしていいたと言われています。
現代のギリシャの国に、紀元前五世紀当時アテナイに生まれ育ち、その生涯の時間のほとんどをその地で暮らしたと言われています。
ソクラテスに伝わる言葉として、物事に対して、知ったかぶりをして奢っている人よりも、知らないという事を自覚しているのは賢者なり、という言い伝えがあります。
古代ギリシャ時代から、思想、啓蒙的な人間の英知は決して現代に劣る事はないと言えるでしょう。
ソクラテスは、時の権力者に対しても少しも忖度することなく、相手の無知を指摘し、公表してきました。その結果、ソクラテスを憎む権力者も多くあらわれて歴史的にも、権力者に媚びへつらう事のない生き方は尊くありながら、困難である事を物語っています。
ソクラテスがのちの世になって、名を残しているのは、プラトンが著作した記述の中心人物として彼が使われていたことだと言われています。
独断論者たちの無知を暴く彼の生きざまは、くるしく、しかし、人類にとっては無くてはならない存在です。古代ギリシャだけでなく、その存在、彼の行いは、現代社会においても、求められる存在なのです。
神話の時代から、ホメロスなど伝説が生まれた時代、古代ギリシャ文明の中で人類にとって大切なことは既に確立されていたのです。
ソクラテスの弟子にプラトン、その弟子にアリストテレス、と人類の宝ともいえる思想家が続いていますから、苦しい人生でも、正しい後継者を世に送り出した形跡は今なお人々に讃えられる存在であり続けるのです。
紀元前460年に生まれ、紀元前、399年に亡くなったといわれています。処刑された苦しみは、媚び諂うことなく生き抜く難しさを現代に知らしめていると言えるでしょう。

【ソクラテスの生まれと没年】

紀元前460年頃生まれる。
そして、紀元前399年に没しています。
ソクラテス自身が書き記した著書は無く、この時代、正しい年表もさだかではない。
彼の言葉はプラトンやアリストテレスの著書に記されており、現代伝えられている。
妻をめとるが、大変な悪妻であったと語り継がれている。
しかし、妻が悪妻であったという事柄については、権力者に忖度をけっしてしないソクラテスの生活が苦しく、更に、好色、酒に飲まれる毎日に対して、厳しい態度をとった為だとも言われている。
古代の思想家として、教えてくれる分部は多いにあるけれども、彼の親しい人々、家族が幸せだったとは決して言う事は出来ないであろう。
権力者に媚び諂う事のない、忖度を許さない姿は、人類全体には、とても有益であって、個人の生活にはとても苦しいものなので有った。
現代社会における、内部告発者を守るという仕組みも未だ確固たる強さを発揮しているわけではない。ソクラテスの時代から、数千年の時を経ても、人類はそれほど進歩していないと言えるのではないでしょうか。
其れゆえに、紀元前五世紀の人々の記した教えは、今なお有効であり、身近に感じられることで有ろう。
絵画では、アテナイの学堂としてラファエロが描いたフレスコ画のソクラテスが有名です。
弟子のプラトンとアリストテレスが素材感をもって描かれています。
ソクラテスとその妻、ピタゴラス、もそろって、偉人達の絵画として描かれて、バチカン所蔵の壮大なフレスコ画を見る時には、偉人達が命をささげた学問と思想の尊さに思いをはせてみてください。
また、1788年にダヴィットの描いた「ソクラテスの死」は確固たる意志をもって死に挑む姿が描かれています。

スポンサードリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る